ドラマ

35歳の少女ドラマ相関図キャスト登場人物は?原作あらすじや結末予想も

日本テレビ系列の土曜ドラマ『35歳の少女』が10月よりスタートします。

現在、土曜22時から放送している『未満警察 ミッドナイトランナー』の次のドラマです。

女優の柴咲コウさんが5年ぶりの民放連続ドラマ主演ということも話題になっています。

NHKの朝ドラ『エール』(現在は休止中)ではオペラ歌手・双浦環役で見事な歌声を披露した柴咲コウさんも記憶に新しいのですが、今回は35歳なのに心が10歳のままという難しい役どころをどのように演じるのかも見どころですよね。

脚本は『過保護のカホコ』や『同期のサクラ』などを手掛けた遊川和彦さんということでさらに期待が高まりますね!

今回は秋からの新土曜ドラマ『35歳の少女』について、相関図キャストや登場人物、原作あらすじ。放送日がいつからなのかなどを調査してみたいと思います。

相関図キャスト&登場人物は?

主人公・今村望美(柴咲コウさん)

実年齢は35歳だけど、心は10歳。

広瀬結人(坂口健太郎さん)

望美の幼馴染で小学校のクラスメイトで初恋の相手。

現時点では、キャストは柴咲さんと坂口さんの2人しか発表されていません。

これから詳しく発表されると思うので、また追記してきたいと思います。

原作あらすじは?

「25年ぶりに帰ってきた娘は、10歳の子供だった」というところから物語がスタートします。

1995年、不慮の事故で突然長い眠りについた10歳の少女・今村望美。

家族はバラバラになり、初恋の少年の夢はあきらめ、それぞれに孤独な今を生きていました。

そして2020年になり、心は10歳のまま、だけど体は35歳の少女が25年ぶりに目を覚ましました。

すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる35歳の少女の成長物語を描いていくようです。

原作は遊川和彦さんのオリジナルストーリーです。

遊川和彦さんと言えば、『過保護のカホコ』や『同期のサクラ』など、一風変わっているけど、芯のある女性が主人公のイメージがありますよね。

今回は、実年齢が35歳で心が10歳のままの少女が主人公ということで、どのような展開になるのか、とても興味がわきます。

遊川和彦さんならではの衝撃の展開も期待できますし、時代を切り取るメッセージ性の高いドラマになりそうですね。

結末予想

すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる35歳の少女の成長物語を描いていくようで、結末はどのようになるのでしょうか。

”25年ぶりに帰ったきた娘は、10歳の子供だった”という、このコピーの意味するものは?

「娘は・・」となっているので、親目線のメッセージなのでしょうか。

プロデューサーの大平太さんのコメントで、

「キーワードは『35歳、25年、10歳』です。毎回、遊川作品は新しいことに挑戦してきましたが、今回も、驚く仕掛けがたくさん用意されています。『もの凄いスピードで成長していく人間の物語』を、楽しみにしていてください。」とあり、この中にヒントがありそうですね!

いろいろ衝撃な展開もありそうで、主人公の望美がどのように成長していくのか楽しみです。

放送はいつから?

『35歳の少女』は2020年10月から放送予定です。

日本テレビ系列で土曜22時の枠は、現在『未満警察ミッドナイトランナー』が放送されているので、その次のドラマということですね!

放送開始の詳しい日にちはまだ発表されていませんが、1週目なら3日、2週目なら10日スタートです。

今年は新型コロナウイルスでドラマ界にもかなりの影響が出ていて、ドラマがスタートするのも各局、各番組で違いがありますが、

『35歳の少女』は秋ドラマとなっていて、通常通り10月スタートになりそうです♪

まとめ

今回は10月からの新土曜ドラマ『35歳の少女』について紹介してきました。

5年ぶりの民放連ドラ主演の柴咲コウさんが、脚本家・遊川和彦さんと『〇〇妻』以来5年ぶりにタッグを組むということで、楽しみですよね!

まだあまり内容が発表されていない『35歳の少女』ですが、
これからわかり次第、また追記してきたいと思います!

-ドラマ

© 2020 ひよこブログ Powered by AFFINGER5