ドラマ

半沢直樹2020中野渡頭取は黒幕で敵?失脚理由と最終回ネタバレ!

更新日:

大人気ドラマ『半沢直樹』の続編が7月19日からスタートしています。

原作になっている小説は出版されているものの、原作には登場しない「大和田常務」が登場していることや、キャストが全員発表されていない点を考えると、オリジナルストーリーも多く含まれていそうですよね♪

今回の記事では、中野渡頭取が半沢直樹にとって敵なのか、味方なのか考察していきたいと思います。

もし中野渡頭取が黒幕なのであれば、銀行がどんな結末を迎えてしまうのかも気になるところ!

その時の失脚理由と最終回についてご紹介していきたいと思います。

中野渡頭取は黒幕で敵?

中野渡頭取と言えば、あまり感情を表に出さず、寡黙。

何を考えているのかわからないという印象があります。

ぴよ太
敵なのか味方なのかイマイチわからず、ミステリアスな感じがまたドラマを引き立てていますよね!

前作のラストで、大和田常務の不正を暴いた半沢に中野渡頭取が下した処分は子会社の東京セントラル証券に出向。

一方の大和田常務は、〈常務取締役〉から〈取締役〉への降格のみでした。

これは中野渡頭取が常に行内融和を重んじていたための判断だと思います。

反中野渡頭取の筆頭であった大和田常務を自分のほうに取り込む狙いもあったと思います。

第1話では、あの名ゼリフ『恩返しです』で有名になったあのシーンで中野渡頭取は大和田に帝国航空の再建を託すのですが、これは何か思惑があるのか気になります。

合併前のこととは言え、東京中央銀行の不正をすべて公にし責任を取って辞任する中野渡頭取は、バンカーとしての誇りとプライドに溢れているように思えるので、いろいろな思惑はあるでしょうが、中野渡頭取が黒幕や敵というとこはないと思います。

以下はネタバレになりますが、

半沢直樹は現在、東京セントラル銀行に出向していますが、半沢の手腕と業績が認められ、銀行へ戻ってきます。

出向させたのは、半沢直樹の実力を試していた、子会社の東京セントラル証券の立て直しが理由のようです。

また、中野渡頭取が辞任した際に、半沢が中野渡頭取の意思を継ぐ決意をしているのであれば、尊敬している様子が伝わってくるので、少なくとも黒幕で敵ということはないと思います。

半沢直樹の見逃し動画配信情報はココ!

『半沢直樹』を

見たかったけれどリアルタイムで見れなかった。

録画をし忘れてしまった!

半沢直樹をもう一度みたい!

そんな方は動画配信サービスParavi』でダイジェスト&次回予告が見れるので面白いですよ♪

前回シリーズ(1話から最終話)・スピンオフ企画「狙われた半沢直樹のパスワード」はフル動画で配信しているので、もう1度見たい方は是非登録しましょう!

\2週間無料で視聴できます!/

期間内に解約すれば費用はかかりません。

本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

中野渡頭取が失脚する理由は?

中野渡頭取は『帝国航空再建』に関する銀行内部の不正が発覚し、責任を取る形で辞任します。

東京中央銀行は、「産業中央銀行」と「東京第一銀行」が合併してひとつになった銀行ですが、帝国航空は、もともと旧東京第一銀行の主要取引先でした。

中野渡頭取は旧東京第一銀行出身であるため、責任を感じ辞任をしています。

中野渡頭取自身が不正をしたわけではないようですが、自分が辞任することで、銀行内で対立していた産業中央銀行と東京第一銀行の派閥争いを緩和したいという想いもあったようです。

帝国航空再建計画とは?

続いて、帝国航空再建についてネタバレをご紹介します。

帝国航空再建計画とは、経営が悪化していた大手航空会社の【帝国航空】の経営回復です。

東京中央銀行は、帝国航空に700億円超えの巨額の融資をしていますが、業績悪化に歯止めをかけることができず、融資した資金の回収が危ないとされた危険案件です。

金額が大きいだけに銀行としても命取りになりかねない案件ですね。

この案件の担当者は審査部の紀本常務と曽根崎次長でしたが、業績回復と再建に成果が出せず、中野渡頭取からの信頼を失い、子会社から銀行へ戻った半沢が担当を引き継ぐことになりました。

半沢は帝国航空の前担当者の曽根崎との馴れ合いの関係を鋭く指摘し、現実を踏まえた修正再建案を提案し、帝国航空はそれを受け入れ自主再建を図ります。

こんなとき、政権が新政党に移り、国土交通省が帝国航空の立て直しを行う意思を示しました。

国としても航空会社が経営悪化には危機感を抱いており、国の総力をあげて立て直したい案件だということが分かります。

そこで国が銀行に要求してきたことは、帝国航空に融資している全金融機構に対して一律7割の債権放棄。

まだ融資した巨額な金額を回収していない東京中央銀行は、ここで7割も債権を放棄したら、今度は中央銀行がつぶれてしまうことにもなりかねません。

必死になんとかしようとする半沢直樹ですが、調べていく内に、銀行内部と誰かが何か黒い繋がりがあることに気が付きます。

その悪事を暴き証拠を掴めるのか、国土交通省の要求をどのようにかわしていくのかが見どころとなりそうです。

前回の金融庁の黒崎とのバトルのように、今回も国とのバトルが待ち構えているというわけですね!

【新しい登場人物】

◆東京中央銀行の帝国航空の前担当者

・審査部の紀本常務
・審査部の曽根崎次長

◆進政党

・白井亜希子(江口のりこさん)
元女子アナの国土交通大臣
『帝国航空再生タスクフォース』という再建チームを立ち上げる

・箕部啓治(柄本明さん)
進政党の重鎮

◆帝国航空再生タスクフォース

・乃原正太(筒井道隆さん)
帝国航空再生タスクフォースのリーダーで腕利きの弁護士

銀行VS政治家となった帝国航空再建計画。

半沢は行内の紀本常務、曾根崎次長の他にも、白井国土交通大臣、乃原弁護士らタスクフォースと、今までの規模とは比べものにならない巨大な敵と戦うことに!

また、原作では大和田常務は出てこないのですが、いまだに紀本常務のキャストが発表されていないことから、ドラマでは大和田常務が紀本常務の立ち位置になるのでは?と言われています。

1話で中野渡頭取から帝国航空の再建を託されていた大和田常務なので、この帝国航空再建には関わってくるでしょうから、ありえるかもしれませんね。

半沢直樹2020渡真利忍(及川光博)の裏切りは?敵か味方か考察&ネタバレ

半沢直樹2020大和田常務は味方か敵か?その後の伏線と考察!原作との違いについても

半沢直樹2020大和田常務の最後とは?その後を原作から考察&予想!

半沢直樹2020中野渡頭取は黒幕で敵?失脚理由と最終回ネタバレ!

半沢直樹2020半沢は頭取になる?中野渡頭取のその後と最終回ネタバレ&考察!

半沢直樹2020三木は味方か敵か?その後ネタバレ&原作との違いについても

最終回ネタバレ&予想

ドラマのラストではやはり半沢がスカッとやってくれると予想されます。

銀行と政治家との黒い繋がりを調査していた半沢は大物政治家・箕部と旧東京第一銀行の間に不自然な融資があったことを突き止めます。

しかも、箕部はその不正融資で得た20億円を不動産会社に転貸して土地を買収し、その土地に空港を誘致し莫大な利益を得ていたのです。

銀行と政治家の黒い繋がりを暴いた半沢。

しかし、乃原弁護士が中野渡頭取に債権放棄をするか旧東京第一銀行の不正を公にするかの選択を迫ります。

中野渡頭取は隠蔽をせず公にすることを選び、記者会見の場に半沢を向かわせます。

半沢は「相手が政治家だろうが、倍返しだ‼」と心に誓い、債権放棄をきっぱり拒否し、箕部の不正を暴露しするのです。

不正を暴かれた箕部は進政党を離党し、白井国土交通大臣も辞任せざるを得なくなり、タスクフォースも解散となります。

そして帝国航空の再建は企業再生支援機構へバトンタッチされるのです。

旧東京第一銀行の箕部への不正融資が明るみになり、金融庁から業務改善命令を受け、中野渡頭取は自ら責任をとり辞任します。

原作には登場しない大和田常務がどのような結末になるのかとても気になりますね。

政治家という今までよりもはるかに大きな敵と戦う半沢の「倍返し‼」に期待したいです。

>>半沢直樹2続編ロケ地(撮影場所)は?エキストラ募集や応募方法についても

>>半沢直樹2(続編)相関図と登場人物は?あらすじと結末予想についても

>>半沢直樹2(続編)悪役俳優キャスト一覧!黒幕は誰なのか予想&考察

>>半沢直樹2(続編)原作との違いは?結末ネタバレ!原作者の出身&経歴についても

>>半沢直樹(続編)モデル銀行はどこ? モデル人物実在説やノンフィクションの噂についても

-ドラマ

Copyright© ひよこブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.