未分類

緊急事態宣言の発表はいつ出る?幼稚園(保育園)や学校・仕事はどうなるのか検証してみた

更新日:

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。

東京都では毎日感染者数を更新しています。昨日は布マスク2枚が日本国内で話題となりましたが、いつ政府が「緊急事態宣言」を出すのかが今最も大きな関心ではないでしょうか?

首相の安倍晋三はまだ緊急事態宣言の発令をしていませんが、もう早く出してほしいという声も多いです。

日本医師会の見解では、爆発的に患者が増える前に出す必要があるとも言っています。

今回の記事では、緊急事態宣言がいつ発表されるのか、また発表後の幼稚園や学校・仕事への影響について調べてみました。

緊急事態宣言はいつ?

政府は、4月1日の「緊急事態宣言」や4月2日の東京都の「ロックダウン」(「都市封鎖」)の噂を強く否定していました。

しかし、日本国民は、いよいよ秒読みになってきていると誰もが感じているところでしょう。

いつ緊急事態宣言がでるのかというと、3月13日に新型コロナウイルス感染症を対象に追加する改正が成立した「新型インフルエンザ対策特別措置法」に基づいて出されます。

専門家による諮問委員会が、法律が定める「2つの条件」を満たすかを判断。

①国民の生命や健康に著しく重大な被害を与える恐れ

②全国的かつ急速な蔓延(まんえん)により国民生活や国民経済に甚大な影響を与える恐れ

諮問委員会が2つの条件を満たすと判断する場合には、それを踏まえて、首相の安倍晋三が、対象となる地域と期間を指定して、緊急事態宣言を出します。

緊急事態宣言をだす意味としては、東京をはじめとした大都市圏で、ロックダウン・都市封鎖を行うことができるからです。

反対に、緊急事態宣言がでないと、都道府県知事が、ロックダウン・都市封鎖を宣言することができないようです。

次に、緊急事態宣言を出したときの私たちの生活への影響について説明していきます。

私たちの生活はどのように変わる?

現在は、外出自粛の要請や、イベント開催やお店の営業の自粛の要請・指示という状態です。

緊急事態宣言が出された場合、「法律に基づく要請・指示」に変わります。

ただし、緊急事態宣言を出したとしても、法律に罰則の規定はないようですね。

しかし、緊急事態宣言を出せば、新型コロナへの危機意識より高まり、真剣に様々な自粛を促す効果はあると思われます。

交通機関はどうなる?

公共交通機関(電車、バス等)については、これらを運営する会社は、危機時にも、人々の生活に必要なライフライン・インフラの機能を維持する義務があるため、公共交通機関が一斉運行になって一切使えないことはないと思います。

飲み物・食べ物の供給についても、必要な生産や物流も問題ないと言われていますが、買い占めが一番の問題になるので、やめましょう。

幼稚園・学校は?

新型コロナウイルスの感染者拡大が続く東京都では、学校の再開は、5月のゴールデンウィーク明けになる見込みです。

都に近隣する関東圏内はどうようの対応になるでしょう。

仕事は?

緊急事態宣言が出ると、イベント開催やお店の営業の自粛がより強く要請・指示されることになります。

休業手当など、国からの援助が必要になります。

今は物流や、医療関係のお仕事に関してはやめたくても止めれません。

休業せざるを得ない事業に関しては、今多忙にしている業界を手伝えるようなシステムにならないのかな?と個人的には思います。

 

-未分類

Copyright© ひよこブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.