未分類

(日赤医療センター)10秒でコロナ自己診断チェーンメールのデマ内容全文を紹介!

更新日:

検査キットが不足していることは前々から世界中で問題になっていました。

そんな中、自分で診断できる方法が「日赤医療センター」から、主にLINEやFacebookなどのSNSで拡散されているチェーンメールが今問題になっています。

送り主が日赤なので信用してしまいそうですが、これはデマ!

その全文内容をご紹介します。

新型コロナウイルスセルフチェックのメール内容全文

拡散希望でまわってきたチェーンメールの内容はこちら。

「日赤医療センタードクターから」と書いてあるので、かなり悪質です!

こちらが出回っているLINEメールの内容です。

看護士さんのお友達から回ってきました。

情報共有です。

新型コロナウィルスは、感染されても何日も症状が出ない場合があります。

では、自身が感染されたかどうか、どう分かるのでしょう。咳と熱の症状が出て、病院に行った時は大体50%は肺が繊維化されていると考えられます。

即ち、症状が出て受診すると遅れるケースが多いのです。

台湾の専門家は、毎朝、自身でチェックできる簡単な診療を提示してます。

深く息を吸って、10秒我慢する。咳が出たり、息切れる等、すごく不便なことがなければ、肺が繊維症状になってない、即ち、感染されてないということです。

(注:新型コロナで悪化すると、肺胞の組織が繊維化して硬くなっていくようです。)

現在、既に大変な事態になってるので、毎朝、良い空気を吸いながら、自己診断をしてみてください。
また、日本のお医者さんは、とても有効なアドバイスをしてくれています。

皆んな、常に、口と喉を濡らして、絶対に乾燥した状態におかないこと。15分毎に水を一口飲むのが良いそうです。

ウィルスが口に入ったとしても、水とか他の飲み物によって、食道から胃に入ってしまえば、胃酸によりウィルスは死んでしまう。

水分をよく取らない場合、ウィルスが気管支から肺に侵入してしまうので、とても危ないのです。

出来るだけ沢山の人に拡散して下さい。

日赤医療センタードクターから

という内容。

このメールの信憑性はどうかは分かりませんが、日赤では下記の内容を公式サイトに掲載しています。

【重要】当センター医師を騙る新型コロナウイルス感染症に関するチェーンメールについて

現在、当センター医師の名を騙り新型コロナウイルス感染症に関する情報がfacebook・Twitter・LINE等のSNSや「チェーンメール」で拡散されている旨のお問い合わせが多数寄せられており、本来業務に多大な支障をきたしております。
本件内容は当センターで発信したものではございません。
本件へのお問い合わせはご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

令和2年4月10日
日本赤十字社医療センター
院長

日赤が発信した訳ではありません。

問い合わせも殺到し、問い合わせで業務に支障をきたしているそうなので、電話などは控えましょう。

医療崩壊が懸念されているなか、このような事態は本当にあってはならないことですね。

正しい情報は、このようなラインやフェイスブックでは回ってこないと思ってもよさそうです。

 

-未分類

Copyright© ひよこブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.