ドラマ

朝ドラおちょやん放送日いつからいつまで?モデルやキャスト・舞台ロケ地を紹介

投稿日:

「おちょやん」は2020年度の秋から放送される第103作目のNHK朝の連続テレビ小説です。

「おちょやん」は明治末期から戦前、戦後の大阪を舞台に貧しい家に生まれた少女が、奉公に出ていた道頓堀で芝居に魅了されて女優を目指し、『大阪のおかあさん』と親しまれてきた喜劇女優の生涯をフィクションとして描いていくドラマです。

ヒロインの竹井千代役には女優の杉崎花さんが演じることが決まっています。

「おちょやん」という作品タイトルがちょっと気になりますよね!

どういう意味なのか調べてみたところ、【おちょやん】とは茶屋や料亭なので働く少女のことで「小さい女中さん」という意味の「おちょぼさん」が訛った大阪の言葉らしいです。

今回は次の朝ドラ「おちょやん」について紹介していきたいと思います。

放送いつからいつまで?

通常であれば「おちょやん」は2020年9月28日(月)〜2021年3月までの放送予定でしたが、4月2日に撮影がクランクインしたかと思った矢先、新型コロナウイルス感染拡大の影響により7日には撮影は中止になってしまいました。

このたび、6月24日に撮影が再開されたとのニュースがあり、ほっと一安心したのですが、収録はかなり遅れてしまっているので予定通り9月28日に放送開始されるかわかりません。

現時点でチーフプロデューサーは、台本の変更や放送期間の短縮などはないと言っています。

今のNHK朝の連続テレビ小説で4月から放送されている『エール』も撮影が休止されていたので、放送のほうも中断していまい第1回からの再放送がされています。

『エール』は6月中旬から収録は再開されたようですが、いつから放送再開するかもまだ発表されていないので、次の作品の『おちょやん』も放送日程は未定になっています。

また発表があり次第、お知らせしたいと思います。

モデル&キャストは?

『おちょやん』に出てくる登場人物のモデルになっている人や演じるキャストの紹介をしていきたいと思います。

ヒロイン・竹井千代(杉咲花さん)

戦前から戦後にかけて松竹新喜劇の看板女優として活躍し「大阪のお母さん」と親しまれた女優・浪花千栄子さんがモデルです。

竹井テルヲ(トータス松本さん) 千代の父

モデルは浪花千栄子さん〈本名:南口キクノ〉の父・南口卯太郎さんで養鶏場を営んでいました。

竹井栗子(宮澤エマさん)

テルヲの後妻で千代の新しい母です。

天海一平(成田凌さん)

喜劇一座の座長。後に千代の夫になる
モデルは松竹新喜劇を創立した2代目・渋谷天外さんです。

須賀廼家千之助(星田英利さん)

喜劇界のアドリブ王。

モデルはアドリブ王と言われた喜劇俳優の曽我廼家十伍さんです。

岡田シヅ(篠原涼子さん)

芝居茶屋「岡安」の女将

岡田宗助(名倉潤さん)

シヅの夫で芝居茶屋「岡安」の主人

富川菊(いしのようこさん)

老舗芝居茶屋「福富」の女将

※岡田夫婦と富川さんの3名は調べてみたのですがモデルはいないようなのでドラマのオリジナルの登場人物ではないでしょうか。

大山鶴蔵(中村雁治郎さん)

鶴亀株式会社の社長。

モデルは松竹の創業者の白井松次郎さんです。

高城百合子(井川遥さん)千代が憧れる女優

調べてみましたが、モデルはいないようでした。

山村千鳥(若村麻由美さん)

「山村千鳥一座」の女座長で千代の師匠。

モデルは浪花千栄子さんの師匠である「村田栄子一座」の村田栄子さんです。

舞台ロケ地は?

「おちょやん」の舞台やロケ地などを調べてみました。

ドラマの舞台となるのはやはりヒロインの千代の生まれ育った大阪の河内市や、女中奉公に出ていた芝居茶屋がある道頓堀などになると思われます。

時代が明治末期あたりなのでその時代を思わせるような場所での撮影になるのではないでしょうか。

先日、ヒロインの杉咲花さんがNHK大阪のスタジオでクランクインしたそうで、これから徐々に撮影情報なども入ってくると思います。

まとめ

今回は2020年秋から放送されるNHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」について紹介しました。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で撮影が中止されていて放送はどうなるの?と心配していましたが、無事に撮影も再開されたようで、放送開始が待ち遠しくなりましたね!

朝ドラでヒロインの愛らしい杉咲花さんが見れる日が楽しみですね♪

-ドラマ

Copyright© ひよこブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.