ドラマ

タリオ(ドラマ)相関図・登場人物は?キャストと原作あらすじや結末予想も

NHK総合「ドラマ10」の新ドラマ『タリオ 復讐代行の2人』が10月9日(金)より放送スタートします。

毎週金曜日夜10時よりNHK総合で放送されます。

悪事を働いてものうのうと平然に生きている犯罪者に、泣き寝入りをせざるを得ない被害者たちを元弁護士の女性と詐欺師の男性が手を組み、制裁を加えていくという『復讐劇』で1話完結のストーリーです。

今、乗りに乗っている浜辺美波さんと岡田将生さんがW主演を努め、”復讐”というなんともドロドロとした内容をポップに軽快に復讐劇が繰り広げられるストーリーとなっています。

今回はNHKドラマ『タリオ 復讐代行の2人』について、相関図キャストやあらすじなどを紹介したいと思います。

相関図キャスト&登場人物は?

◆白沢真実(浜辺美波さん)

元弁護士
司法試験予備試験制度によって20歳の若さで弁護士になり、豊富な知識を持っている。

◆黒岩賢介(岡田将生さん)

詐欺師
詐欺の悪知恵に長けている。

元弁護士の正義のヒロイン・白沢真実と詐欺師のダークヒーロー・黒岩賢介がバディを組んで復讐を仕掛けていきます。

まだ、2人以外の他の出演者は発表されてません。

1話完結なので、それぞれにゲスト出演もあるでしょうね!

また発表され次第、追記していきたいと思います。

原作あらすじは?

『タリオ 復讐代行の2人』は原作はなく、オリジナル脚本です。

脚本を手掛けているのは蒔田光治さんメインに瀧本智行さん、渡辺雄介さん、徳永富彦さんです。

あらすじは・・・

司法試験予備試験という制度で合格し、20歳の若さで弁護士となった白沢真実(浜辺美波さん)は大手の法律事務所に就職したのですが、世間知らずで頭が固くなかなか仕事を回してもらえずにいました。

そんなとき、事務所の先輩弁護士が手を離した少々お荷物の案件を担当することになります。

それは、依頼人・綿貫依里子が大手ゼネコンの御曹司に性被害を受けていて、金や権力によって事実を誤魔化され、理不尽な仕打ちを受け入れるしかないという案件でした。

依里子はそれを我慢できず、ネットで見つけた怪しい「復讐代行請負業」の男に復讐を依頼することにしたのです。

しかし、その復讐代行は怪しくて、支払い後も復讐を実行される気配もないので、詐欺と確信した真実は、依里子に男をおびき出させます。

おびき出されたその男が詐欺師の黒岩賢介(岡田将生さん)でした。

そして、ひょんなことからこの詐欺師の黒岩と手を組み、2人は依里子の敵である御曹司に復讐を仕掛けることになります。

法律知識のある正義のヒロインとずる賢い詐欺師のダークヒーローの凸凹バディという設定はとても面白そうですね♪

どんな復讐代行劇になるのか楽しみです。

結末予想

公式サイトには

”シリーズを通して、巨大詐欺事件の首謀者と疑われたために行方をくらました父の謎を真実が追うことになります。果たして父はぬれぎぬを着せられた正義の士なのか?それとも悪の首謀者だったのか?”

と書いてありました。

ドラマは1話完結となっていますが、おそらく、この真実の父親の話は全7話に渡って繋がってくると思われます。

元弁護士と詐欺師の痛快な復讐劇と共に、結末はどうなっていくのか回を追うごとに明らかになってくるのでしょう。

まとめ

今回はNHKのドラマ『タリオ 復讐代行の2人』について、登場人物やあらすじについて紹介してきました。

今をときめくフレッシュな浜辺美波さんと、浜辺さんとは初共演の岡田将生さんのダブル主演の『タリオ 復讐代行の2人』は2020年秋ドラマとして、注目されるドラマのひとつです。

痛快復讐劇というスカッとするストーリーも面白そうなので放送開始が楽しみですね♪

-ドラマ

© 2020 ひよこブログ Powered by AFFINGER5