ドラマ

わたどう犯人は誰?城島・女将・多喜川が怪しい!敵か味方か考察してみた

日本テレビ水曜22時のドラマ『私たちはどうかしている』通称【わたどう】は回を追うごとに面白くなってきていますよね!

昼ドラのようなドロドロとした人間模様は毎回ハラハラして目が離せません!

15年前に起こった老舗和菓子屋「光月庵」の若旦那殺害事件の真相は?

登場人物みんな怪しく思えてくるのですが、一体誰が犯人なのでしょうか。

早速、原作漫画のネタバレ情報を調べてみました。

怪しい動きをしていそうな、城島(高杉真宙)、女将(観月ありさ)、多喜川(山崎育三郎)の行動、伏線をご紹介していきたいと思います!

黒幕&真犯人は一体誰?

今回は、怪しいと思われる城島・女将・多喜川について敵か味方か考察してみたいと思います。

『私たちはどうかしている』(通称:わたどう)は浜辺美波さんと横浜流星さんがW主演している人気ドラマですが、原作は安藤なつみさん作の大人気漫画です。

原作漫画のほうは現在まだ連載中なので、ドラマが終了するまで完結しなければ結末はオリジナルのものになるのではないでしょうか。

和菓子職人の花岡七桜(なお)〈浜辺美波さん〉は、15年前の老舗和菓子屋「光月庵」の若旦那・高月樹〈鈴木伸之さん〉殺害の汚名を着せられた母・百合子〈中村ゆりさん〉の恨みをはらすために、

復讐相手である「光月庵」の跡取り・椿〈横浜流星さん〉と政略結婚をし「光月庵」に入りこみますが、次第に椿に惹かれていってしまいます。

果たして15年前の事件の真犯人は一体誰なのか!?

城島(高杉真宙)

職人として光月庵で働きだした七桜に気さくに話しかけ、お互い励ましあう関係の見習い職人・城島裕介〈高杉真宙さん〉。

敵だらけの光月庵で、七桜にとって唯一ほっとできる存在のように思える城島ですが、いい人そうに見えて、実は怪しいのでは?!

現在ドラマでは2話まで放送されていますが、今のところ目立つような怪しい行動はしていない城島です。

実家の和菓子屋を継ぐために光月庵に修行に来ているという城島。

七桜に親切にしてくれ、光月庵の話しをいろいろ教えてくれるあたり、親切の裏に何かあるのでは?と思わせます。

果たして、城島は敵なのか味方なのか?

原作ネタバレになります。

実は、城島は裏で女将と繋がっていたのです。

城島の父が病気になり、実家の和菓子屋「しまや」の経営も悪化していました。

そんなとき、店の名物のわらび餅をデパートのイベントで売り再起しようとしますが、わらび餅が入った容器が割れてしまうという事件が起きます。

別の和菓子に差し替えますが、結果、和菓子屋は潰れてしまい、城島の父も亡くなってしまいます。
その時のイベントで優勝したのが光月庵だったので、椿が犯人だと思った城島は椿を一方的に恨んでいました。

そして多額の借金があった「しまや」。

女将はそんな城島に目をつけ、お金を渡し手を組んだのです。

七桜と椿の結婚を取りやめるように、城島は七桜に近づいていたのです。

原作ではその後和解するようなので、黒幕ではない城島ですが、唯一の癒やしの存在だっただけに、女将と繋がっていたという事実は少しショックですね。

女将(観月ありさ)

椿の母親で光月庵の女将・高月今日子〈観月ありささん〉。

 

この投稿をInstagramで見る

 

今夜10時〜の第2話放送後から、 Huluにて「女将の部屋」が独占配信されます✨ 私が演じる、女将・今日子が主人公となるHuluオリジナルストーリーです! アナザーストーリーということで、 本編とは違った今日子の姿や魅力が描かれています! わたどう本編とHuluの「女将の部屋」セットでご覧いただけたら、 より一層「わたどう」を楽しめますよ😊 是非ご覧ください! #日本テレビ #日テレ #NTV #Hulu #オリジナルストーリー #女将の部屋 #高月今日子 #観月ありさ #今日子たん #着物

観月ありさ/alisa mizuki(@alisa_mizuki)がシェアした投稿 -

夫・樹の死後も老舗光月庵の暖簾を守り、息子の椿が立派に跡を継ぐことを望んでいます。

そして、七桜に対しての行動すべてが恐ろしくて、女将は一番怪しい人物だと思います。

*怪しい理由は?どんな行動が怪しい?伏線は?

女将は椿を跡取りにしようとしていますが、大旦那・高月宗寿郎〈佐野史郎さん〉は椿は樹の子供ではないので跡は継がせないと主張しています。

以下、ネタバレになります。

ドラマではまだ真相はわかっていないのですが、原作では椿は樹の子供ではなく、今日子が不倫してできた子供だとわかっています。

女将は七桜の母親・百合子が夫・樹と不倫関係であることを知っていたため、腹いせで自分も不倫をしていました。

相手は多喜川薫〈山崎育三郎さん〉の父で、椿も多喜川との子供です。

女将は不倫をしていた夫を憎んでいたでしょうから、十分殺害する動機はあると思います。

ですが、女将には事件の夜、椿と一緒に同じ部屋で寝ていたというアリバイがあるので真犯人ではないと思われますが・・・。

自分で手を下さずに誰かにやらせることもできるので、まだ女将の黒幕説は消えません。

女将・今日子の想いは、一人息子・椿を光月庵の後継者にすること。

椿を跡取りにするためなら何でもやりそうな女将です。

邪魔者の七桜を光月庵から追い出そうとかなり酷い仕打ちをしていて一番の敵ですよね。

夫の樹は七桜の母・百合子と中学の同級生で以前から愛し合ってしましたが、老舗和菓子屋の跡取りとして結婚を反対され、女将・今日子と結婚しました。

結婚後も百合子との関係は続いていて、二人の間に生まれた七桜のことも知っていたようですし、やはり怪しいですよね。

ですが、光月庵では気高く、気丈に振る舞ってるようで実は孤独だったのでは・・・と想像すると実際はどうなのかわかりません。

多喜川

いまだ謎の多い多喜川薫〈山崎育三郎さん〉。

勤めていた和菓子屋をクビになった七桜の前に突然現れ、母・百合子の手紙を渡した多喜川です。

七桜のピンチを助けてくれる多喜川ですが、わからない存在だけあって怪しいですよね。

多喜川薫の父は女将・今日子と不倫関係でした。

椿は女将・今日子と多喜川の間にできた子供なので、多喜川薫と椿は異母兄弟ということになります。

真犯人として怪しいのは多喜川薫の父親なのですが、すでに亡くなっていてドラマでもキャスティング発表もなくまだ登場していません。

真相がいまだにわからないので、多喜川薫も父親も怪しく思えます。

これからどんな展開になるのか目が離せませんね。

七桜に近づくのは善意なのかと思わせる多喜川薫ですので、味方なのでは?!

ですが、七桜の味方であるように見せて、実は光月庵に恨みを持っている薫です。

女将の不倫によって家族がバラバラになり光月庵に復讐しようとして、七桜を利用していたようです。

この多喜川薫とその父親という人物はストーリーのキーマンになると思われるので、これからの動向にも注目したいですね。

「私たちはどうかしている」を、リアルタイムでドラマが見れない方、もう一度見たい方へ、無料で見れちゃう方法をご紹介します♪

私たちはどうかしている見逃し公式動画(1話~最終話)を無料視聴する方法&再放送情報!

私たちはどうかしている原作マンガを無料立ち読みできるサイト紹介!

また、アナザーストーリーということで観月ありささん演じる女将がHuluオリジナルで『女将の部屋』を配信中!

本編にはないストーリーで、嫁を追い出すために利用できそうな人物を、『女将の部屋』に順番に呼び寄せていきます!

めっちゃ面白いですよ♪

一体どの人物が招き入れられ、どのように言いくるめられるのか・・。

そこには本編の「わたどう」の謎を解く鍵が隠されているかもしれません。

是非チェックしてみてください♪

Huluは2週間お試し期間があります♪

期間内で解約すれば一切費用はかかりません!

登録はこちら↓↓

私たちはどうかしている相関図・登場人物は?キャストや結末予想も!

私たちはどうかしているロケ地や目撃情報は?エキストラ募集や応募方法についても!

浜辺美波の現在&歴代彼氏は?中村倫也との匂わせ内容と目撃情報について

横浜流星の現在&歴代彼女は?西野七瀬との匂わせ内容と目撃情報について

まとめ

今回はドラマ「私たちはどうかしている」の犯人について、怪しいと思われる城島、女将、多喜川について考察してみました。

原作に沿って考察してみたので、ドラマが進むにつれ少し変わって来る可能性もあります。

続きが気になり、原作が読みたくなりますよね♪

W主演の浜辺美波さんと横浜流星さんの和服姿も素敵ですし、和菓子もとても美味しそうで毎回楽しませてくれる「わたどう」。

なによりも面白いのはドロドロな人間関係です。

真犯人は一体誰なのか、これからも目が離せませんね!

-ドラマ

© 2020 ひよこブログ Powered by AFFINGER5